ご紹介

賛育会後援会のご紹介

社会の人びとに寄り添い、真摯にお支えすることに努力を続けている社会福祉法人賛育会が、ますます人びとから喜んでいただける事業、活動を展開していけるように応援している団体です。特に、賛育会が行っている地域活動・社会貢献活動の分野においては、制度や法律が事業者に求める事柄を越えて、人々の笑顔を願って自主的に展開している取り組みであることが多く、多くの人たちからの賛同と支援を必要としています。賛育会後援会は、良き応援団として賛育会をサポートしていきます。

賛育会後援会規約

(名称)
第一条本会の名称は賛育会後援会という。

(目的)
第二条本会は、キリスト教の精神にもとづき、隣人愛の実践の場として設立された社会福祉法人賛育会の趣旨に賛同し、同会が行なう事業を財政的に援助することにより、社会福祉事業のより一層の進展をはかることを目的とする。

(事業)
第三条前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
一、後援会費、寄付金品の募集
二、チャリティーショー、バザー等の実施
三、その他必要な事業

(事業所)
第四条本会の事務所を、賛育会法人事務局に置く。
    (東京都墨田区太平三丁目一七番八号)

(会費)
第五条本会の目的に賛同する者は誰でも会員になることができる。
2.会員は別に定める「年度会費」を納入する。

(役員)
第六条本会に次の役員をおく。
    会長  一名    副会長  若干名
    理事  若干名    監事  二名
2.会長は社会福祉法人賛育会理事長が委嘱し、その他の役員は会長が委嘱する。
3.会長は後援会の会務を総括し、副会長は会長を補佐する。
4.役員は役員会を組織して、事業推進のための必要な協議を行う。会長、副会長は役員会の議長、副議長となる。

(役員会)
第七条会長は役員会を招集し、以下の事項を決定する。
一、事業計画並びに事業報告
二、予算並びに決算
三、その他事業推進に必要な事項
2.役員会の決定事項は、機関紙「さんいく」に掲載し公表する。

(名誉会長)
第八条本会会長として多年に亘って奉仕し、功労顕著な方を名誉会長として推挙することが出来る。名誉会長は、社会福祉法人賛育会理事長が役員の同意を得て推薦することが出来る。

(職員)
第九条本会の日常業務を処理するため、事務局長以下若干名の職員をおく。
2.事務局長は会長の命に従い、日常業務を処理する。

(会計並びに会計年度)
第一〇条本会の必要な経費は会員が納入する年度会費から支弁する。
2.本会の会計年度は毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日を以って終わる。

(附則)
第一一条この規約に定めのない事項その他必要な事項は、役員会の議を経て会長が決定する。
2.この規約は、一九八三年七月一二日より施行する。
    一九八四年五月十九日  一部改正
    一九八五年七月十八日  一部改正
    一九九二年一〇月三日  一部改正
    一九九八年六月三日  一部改正

〒130-0012 東京都墨田区太平3-17-8

TEL: 03-3622-7614

FAX: 03-3829-2302

© 2016, SAN-IKUKAI KOUEN-KAI All Rights Reserved.